• 追証の有無で考えるFX

    追証のあるFXが日本には多いですが、海外の会社に目を向けてみると、追証のないFXができる会社も中にはあります。

    しかし、その場合は、損失で自分の持っているお金を超えてしまう場合もあります。そのリスクをちゃんと考えておかなくてはいけません。

    追証とはそういうシステムです。

    つまりは、会社側からとしてはFXで行う取引では自分の持っている金額よりも大きな金額を運用することができますが、それによって発生する損失は必ずあるわけで、それが、やっている人が請け負えなくなってしまったときにどうするかと考えたときにできたシステムが追証であり、これにより、マイナスになるようなことは、ものすごいハイレバレッジのかけ方をしないかぎり発生しないようになっています。



    まあ、これによって会社もFXをやる側の人間も守られているという感じであれば、問題ないシステムだと思うのですがね。

    BIGLOBEニュースの情報はここで調べよう。

    しかし、これは日本の独自のシステムだと考えてよく、海外の会社にいけば、追証のシステムのないものもあります。
    ですが、これでやっている限り、マイナスになってしまうというリスクもちゃんと考えて投資をしなくてはいけません。

    トルコリラ情報を集めているサイトです。

    そうでないと、マイナス分の補填をしなくてはいけなくなることも事実です。

    なので、ちゃんと損切りができるような状態で投資ができるのであれば、問題ないかもしれませんが、そういう投資ができないのであれば、日本のFXで十分だとおもいますけどね。